フコイダン

LINEで送る
Pocket

タカラバイオのガゴメ昆布フコイダン 

フコイダンを扱う女性の手は美しい

冬になるとあかぎれに悩まされていたタカラバイオの女性研究員の手が、素手でガゴメ昆布を練りフコイダンを抽出するうちに真っ白くスベスベになったことから肌への研究のきっかけとなりました。
現在までに様々なフコイダンの美肌作用がエビデンスとして確認されています。

フコイダン誕生物語

ガゴメ昆布由来 だからこその自信

フコイダンとは、昆布・ワカメ・モズク・メカブといった海藻特有のヌルヌルの主成分のこと。
海藻が潮の流れや砂などから自身を守ったり、海面より上に出てしまったときに乾燥を防ぐ役割を果たしています。近頃は、抗がん作用があると言われていて、代替医療としての注目度も高くなっています。
昆布・わかめ・モズクなどにもフコイダンは含まれますが、まったく異なった働きをします。また、その中にはまだまだ機能や効果の真偽が定かでないものもあります。

タカラバイオは他の昆布の2倍以上のフコイダンが含まれている『ガゴメ昆布』に着目し、研究を進め、世界ではじめてその化学構造式を決定しました。

他の昆布の2倍以上のフコイダンが含まれている「ガゴメ昆布」

天然の形態を保持した高分子のフコイダン

もともとフコイダンは高分子であることが知られていますが、タカラバイオのフコイダンは天然の形態を保持したまま抽出する技術でガゴメコンブからフコイダンを抽出しています。
ガゴメコンブフコイダンは平均分子量1000万以上という高分子です。
他のフコイダンには見られない、その高分子がゆえの美肌作用が研究によって明らかになっています。

高分子のものほど粘性が強く、天然の形態を保持したまま抽出することは非常に困難で時間とコストがかかります。
タカラバイオは独自の抽出技術で、天然の形態を保持した高分子のフコイダンを抽出しています。その研究は現在も行なわれており、新たな機能性も明らかになってきています。

タカラバイオ 長年に渡る研究と開発
          ● 世界初、ガゴメ昆布「フコイダン」の化学構造と機能性を解明
          ●「フコイダン」に関して20回を超える著名な学会での発表
          ●「安心・安全」を第一に品質管理を徹底

ノーベル生理学・医学賞を受賞された京大の山中教授との共同研究が評価され、タカラバイオ社が注目されています。

フコイダンの美肌効果 解明されたガゴメ昆布「フコイダン」の機能性

高い保湿作用と潤い保持、透明感のある明るい肌、キメを整える、ハリを保つ、肌を刺激から守る、肌荒れを防ぐ

肌の弾力と水分量の実験結果

海藻エキスは、短期間の塗布でも弾力工場効果がみられる。また1ヶ月塗布により、肌水分量も増加する。

お問い合わせはこちら

ページ上部へ戻る