ブログ

界面活性剤とは?

LINEで送る
Pocket

 

こんにちは!ケイマリの金森です。

神奈川県横浜市の病院で、点滴に界面活性剤が混入される事件がありました・・・

点滴に混入された界面活性剤は、「逆性せっけん」と呼ばれるもの。

逆性せっけんは殺菌作用が強く、消毒液の主成分として使われます。

医療現場では、こうした消毒液が手指や医療器具の滅菌・抗菌などに幅広く使用されているようです。

また、界面活性剤といっても色々なものがあり、私たちの生活には欠かせないものです。


◆界面活性剤とは?

水と油のように本来は混ざり合わない性質を持つもの同士を

なじませることができる物質の総称です。

洗剤などで油性の汚れが簡単に落とすことができるのも

界面活性剤のおかげです。

%e3%81%8a%e7%9a%bf%e6%b4%97%e3%81%84


 

◆洗剤以外にも使用されているの?

洗剤以外にもいろいろな場面で使われています。

私たちの生活に身近なものでは、食品、化粧品、医薬品に使われています。

・食品

水と油を一様に混ぜ合わせるため、乳化剤として界面活性剤が使われています。

乳化した食品は、マーガリン、バター、マヨネーズ、アイスクリーム・・・など、たくさんあります。

%e3%83%90%e3%82%bf%e3%83%bc

・化粧品

化粧品にも、界面活性剤がいろいろな形で使用されています。

乳液やクリームには乳化するために、

化粧水には香料や油、薬品などを溶かしこむために、

ファンデーション類には粉末を均一に分散させるために、

それぞれの目的に合った界面活性剤が利用されています。

 

・医薬品

界面活性剤そのものが主剤として使われているものと、

製薬の助剤として使われているものがあります。

主剤として用いられる例としては、殺菌剤があります。

 


◆石鹸も界面活性剤?

石鹸は、5000年もの昔から使われてきた界面活性剤です。

家庭用品品質表示法では、人が作り出した界面活性剤を

「石鹸」と「石鹸でないもの」に分けています。

「石鹸でないもの」は「合成界面活性剤」と呼ばれます。

石鹸は、製法がほかの界面活性剤に比べてシンプルです。

そして、水で薄まるだけで界面活性作用を失うという

石鹸特有の(そして生き物にとって安全な)性質を持っています。

IMG_1039


 

界面活性剤といっても色々あります。

その中でも無添加石けんは、環境にも肌にもやさしいものなのです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る