ブログ

石けんには劇薬が使用されているの?苛性ソーダについて

とわだ石けん
LINEで送る
Pocket

先日お客様からこんなお問い合わせを頂きました。

「苛性ソーダは石けんに残っていないのでしょうか?」

苛性ソーダとは、化学名「水酸化ナトリウム」、、、

強アルカリ性物質で、薬事法で劇物と指定されているたいへん危険な薬品です。

皮膚についたら激しく皮膚を侵し、ほんの1滴でも目に入ると失明の恐れがあります。

こ、こわい・・・(゚д゚;)

こんなものが何故石けんに入っているのでしょうか・・・。

石けんはアルカリと油分が反応してできるため、

苛性ソーダは石けん作りには欠かせないのです。

ちなみにケイマリの「とわだ石けん」は

オリーブオイルと苛性ソーダを反応させてできています。

shutterstock_158637752

本題に戻ります。

「苛性ソーダは石けんに残っていないのでしょうか?」

⇒「安心して下さい!残ってませんよ♪」

プロが作る石けんは、プロの手によって、

未反応のアルカリや不純物は丁寧に取り除かれます。

従って、完成された石けんに苛性ソーダがそのままの状態で残る事はありません。

ちなみにケイマリの「とわだ石けん」は

コールドプロセス製法で60日間ゆっくりと熟成させています。

製造過程で完全に鹸化(油が石けんになる化学反応)されます。

 

素人の方が簡単な方法で作る手作り石けんの場合、

残留(未ケン化)の成分が残りやすいので、

作る人も使用する人も十分に注意が必要です!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る