ブログ

肌理を取り戻そう!

LINEで送る
Pocket

人は見かけによらないものだと

お感じになることありませんか。

私は見ての通りのコワモテで

①コワそう

②キツそう

③き気が強そう

多くの方が抱く、私の第一印象3Kでございます。

でも人はギャップに弱い生き物で

「遊び人の金さん」なのに実は御奉行様だったり

kin

「なりたい職業は ニートっす」と言いそうな若者が

電車でおばあちゃんに席を譲ったり

大島優子ちゃんみたく

童顔だけど2つの丘がバィーンだったりすると

余計に惹かれてしまうものでございます。

わたくしも過去から、コワモテのお陰で

 

そのギャップに恩恵を受けてきたと言えます。

コワモテの河津さんが優しいはずがない

その河津さんから優しい言葉が・・・

「河津さんって、なんて優しい人ドキドキ」という事になります。
癒し系とコワモテが同じ言葉をかけたとして

癒し系にアドバンテージは取られても

時にコワモテのV字回復的な感じになるのです。

kowamote

前置きが長いのはいつものことですが・・・

しかし、お肌に限って言えばギャップは危険です。

見た目の綺麗さと実情が違いすぎる方、かなり多いのです。

お仕事柄、多くの女性の肌を

マイクロスコープで測定して参りましたが、

 

kimesokutei

(上記画像は皮膚の粘弾性を測定しています)

 

頬骨の辺りは、皆さん見事に肌理(キメ)が存在しません。

 

特に20代、30代の方。

 
そして40代。50代。。。

 
逆に80代の女性の方の方が肌理(キメ)があります。

kimenasi

(肌理が全く無くなった状態 肌は砂漠のように乾燥します) 

肌理(キメ)とは美肌を左右するもので

キメを形作る溝(皮溝)は全身を縦横無尽に走っています。

kimeari

(肌理が整っている状態 三角形がたくさんあります)

溝と溝に囲まれた三角形が多ければ多いほど

 

肌理(キメ)が整っているということになり

 

この溝を通って栄養分が肌の隅々まで行き渡るのです。

 

三角形が小さければ小さいほど

肌理(キメ)が細かいということになります。

kmenagare


(肌理が縦方向にしか流れなくなった状態)

 

肌理(キメ)が無くなる2大要因

 
1 肌に触りすぎ


2 合成化学薬品による被害

 
化粧水を叩いて、美容液を塗って・・・
何度も肌に触ることによって肌理(キメ)は磨耗します。

 

スキンケアが大好きという方ほど

肌理(キメ)がなくなるというのは

 

ミステリーではなく、皮膚科学的に理由があるのです。

 
そして化粧品が大好きな人ほど陥りやすい現象。

 

化粧品は防腐剤や安定剤など

多くの化学薬品が配合されています。

 

必要悪だったりするのですが

できるだけ吟味して化粧品を選び

いくつものアイテムを塗り重ねないこと。

 

一度失った肌理(キメ)も

 

正しいスキンケアで取り戻せます。

 

失った肌理(キメ)を取り戻すには時間がかかりますが

 

化粧品を使うなら出来るだけアイテムを絞り

肌には触りすぎないで

失われた肌理(キメ)を取り戻して頂きたいと切に思います。

 
弊社では完全予約制で

洗顔セミナーを開催しております(女性限定)

 

京都にお越しの際には

 

是非お立ち寄り下さいませ。

rasuto

本日は疲れすぎて鬼の形相ですので

 

後ろ姿のみで失礼いたします。
(一部画像はお借りいたしました。)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る