ブログ

来年の参考に…上手に日焼けをする方法

LINEで送る
Pocket

 

こんにちは!ケイマリスタッフの金森です。

 

何年も前に「ガングロ」ブームがありましたが、

最近は女子高生も日傘をさしたりするほど、美白信者が増えているように思います。

しかし、実際に海に行ってみると、今年は肌をやいている人が意外に多い!

密かに小麦肌の人気も復活しているのかな?と思いました。

 

さて、普段は日傘をさして、化粧品会社のスタッフとして美白に徹していた私ですが、

今年は小麦肌、いわゆる「ヘルシースキン」に憧れ、肌をやいてみることにしました。

 

サンローションを塗っていたものの、

肌が赤くなり、皮がむけて、ヒリヒリと痛い思いをしてしまいました。

また、きれいにやけず、少しムラがあるような・・・

 

来年の参考のためにも、「上手に日焼けをする方法」を調べてみました。


 

日焼けで皮膚に悪い影響を与えるのは、サンタンではなく、サンバーンです。

サンタンは、日焼けで皮膚の色が黒くなること。

サンバーンが、日焼けによって皮膚が赤くなること。(日光によるやけど)

そのため、急激なサンバーンを起こさないで、少しずつ苦痛にならない程度の軽いサンバーンを起こさせて、

徐々にメラニンを増やしていって、美しく肌をやくのが上手な日焼けの方法です。

従って、理想的なのは、サンバーンせずにサンタンさせること。(ゆっくり徐々に日焼けする)

色白の人はサンバーンを起こしやすいので、注意が必要です。

まずは短時間から日光に当たり、徐々に時間をのばしていきましょう。

急に日光に当たらなければならない場合は、やはり日焼け止めクリームは必要になります。


やはり、いきなり長時間日光に当たるのは危険だったのですね・・・

日焼けのアフターケアをして、少しでもサンバーンの害を減らしたいと思います゚(>_<)

 

 

 

▽日焼け対策にオススメの記事▽

日焼けした夜に必ずしたい「4つのこと」

 

 

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る