ブログ

朝食にフルーツ!は、肌に負担をかけるかも・・・

LINEで送る
Pocket

 

美肌にはビタミンCですよね。

そして、ビタミンCといえば、オレンジやグレープフルーツなどが連想されます。

カットフルーツやスムージーで朝食として召し上がっている方も多いのでは?

しかし、柑橘系の果物に含まれる「ある成分」には注意が必要なのです!

オレンジ

みなさん、「ソラレン」はご存知ですか?

ソラレンは、紫外線に対する感受性を高め、紫外線を吸収しやすくする作用があるため、

ソラレンを含むものを食べてから紫外線を浴びてしまうと、

肌にかゆみや赤み、シミ、色素沈着を引き起こす可能性があるのです。

 

「ソラレン」を含む代表的な食べ物は以下の通りです。

果物:グレープフルーツ、レモン、オレンジ、キウイなど

野菜:パセリ、セロリ、きゅうり、しそ、三つ葉、ブロッコリーの茎部分、クロレラなど

ちなみに、ソラレンは摂取してから約2時間後に紫外線吸収率がもっとも高まるといわれています。

 

これらの食べ物は、朝食に摂取するのは避けて、なるべく日が落ちてから食べるようにしましょう♪

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る