ブログ

肌荒れの原因となる食生活

LINEで送る
Pocket

 

こんにちは!木曜ブログ担当金森です。

乾燥、吹き出物、くすみ、赤み、ザラザラ・・・

お肌が荒れると憂鬱ですよね(;_;)

私はよく、寝不足・生理前に肌に赤みが出て、ヒリヒリする時があります。

肌荒れ=体調の変化・不良。

食べ物・食生活にも大きく関係しています。

今日は、肌荒れの原因となってしまう食生活をご紹介します!


①糖分の摂り過ぎ

ケーキやジュース等など…糖分の摂り過ぎは、

お肌にも体にも良くないことは皆さんご存知ですよね。

糖分の過剰摂取は、お肌の糖化(肌サビ)、吹き出物などの原因に。

かといって、糖分を全く摂らないということもおすすめはしません。

砂糖の必要量については明確な決まりはないのですが、

WHOのレポートによると摂取量の目安として

「砂糖は1日の摂取エネルギーの5%に抑えるように」と、いわれています。

これは、成人でいうと約25g。

炭酸飲料には1缶40g、ショートケーキは1ピース30gの砂糖が・・・

間食をするとすぐに超えてしまいますね(^_^;)

あまり神経質になりすぎてもストレスを感じてしまいますので、

息抜き程度に少し甘いもの食べる、頑張ったご褒美に・・・程度なら問題ないと思います。

%e3%83%81%e3%83%bc%e3%82%ba%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%ad


 

②油分の摂り過ぎ

炭水化物・たんぱく質・脂質の三大栄養素のうち、

脂質は体内で1gあたり9キロカロリーと最も高いエネルギーです。

油の摂り過ぎは、ニキビや脂性肌、毛穴の詰まりの原因に…

しかし油を全く取らなければ、便秘になったり、乾燥肌などを引き起こします。

成人の1日の摂取目安量は、15g(大さじ1杯半)が適量。

マヨネーズ、ドレッシングなどは油脂を多く含むため、これらを使った料理は、1日2品程度にしましょう。

揚げものは週に1回程度ならOK。

主食・主菜・副菜をそろえ、料理には適量の油を使いましょう。

また最近流行っているココナッツオイル、亜麻仁油なども立派な油分ですので、摂り過ぎには注意です。

オリーブオイル


③カフェインの摂り過ぎ

コーヒー、紅茶や栄養ドリンクに含まれるカフェイン。

カフェインには利尿作用があり、尿を排出する際には、

老廃部と共に水溶性ビタミン(ビタミンCなど)やミネラルも一緒に排出されます。

そのため、カフェインを含んだ飲み物は、夜以外の一日2回までがおすすめです。

夕方から寝る前までにカフェインを取ると、質の良い睡眠が取れず、

これもまた肌荒れの原因となってしまいます。

%e7%b4%85%e8%8c%b6


糖分・油分・カフェイン・・・

どれも食べ物を美味しくしたり、リラックスするときに必要だったりするものですね。

肌に悪いからといって極端に避けるのではなく、

必要な時に必要な分だけ摂取するように心がけましょう(。・ω・。)

ちなみに私は、確実に糖分の摂り過ぎ・・・です。笑

アゴ付近にできる小さな吹き出物の原因は、糖分なのでしょうか・・・。

お菓子を制限して、お肌の変化をブログに載せれるように頑張ります(^_^;)

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る