ブログ

今さら聞けない!「SPF」「PA」はそれぞれ何を表しているの?

LINEで送る
Pocket

 

本格的な夏が始まり、日焼け止めが大活躍の季節ですね。

木曜日ブログ担当・金森です。

本日は日焼け止めに表示されている「SPF・PA」について。

みなさん、それぞれ何を表す数値かご存知ですか?

 

私は何回説明を聞いても忘れてしまうタイプなので、

このブログを書いて覚えようと思います(^_^;)笑

 

さて、正解は・・・

SPF=UV-Bの防止効果を表す数値

PA=UV-Aの防止効果を表す数値

 

なるほど。で、UV-B・UV-Aって何ですか?(^_^;)

みなさんも一緒に覚えましょう!


UV-B

肌の表面が赤くなる日やけの原因となるのがUV-B(紫外線B波)です。

UV-Bはエネルギーが強く、肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こすので、

シミ・ソバカス・乾燥などの原因になります。

日常生活の中では、日傘を使うなど、

極力直射日光に当たらないように心がけることだけで、

ある程度防御することができます。

したがってSPFは、肌表面が黒くなるのを防ぐ効果を表す数値ということですね!


UV-A

お肌の弾力を保つコラーゲンなどを傷つけ、シワやたるみの原因となるのがUV-A(紫外線A波)です。

室内や車内にいてもお肌の奥(真皮)まで届き、じわじわと肌に様々な影響を及ぼします。

曇りの日でも対策が必要です。

したがってPAは、紫外線による老化を防ぐ効果を表す数値です。

なんだか、UV-Aによるダメージの方が怖い気がしますね。


まとめ

◆UV-Bは日焼け・シミ・ソバカスの原因に。そのUV-Bを防ぐ効果を表すのが「SPF」。

◆UV-Aはシワ・たるみの原因に。そのUV-Aを防ぐ効果を表すのが「PA」。

UVBUVA

覚えました!笑

でもきっと明日になれば、忘れてしまう・・・笑

またややこしいことに、SPFの数値の計算も素人には複雑です・・・

また気が向いたらブログのネタにします!

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
ページ上部へ戻る