ブログ

飲んでキレイに?ウイスキーの美容効果

LINEで送る
Pocket

 

 

こんにちは!ケイマリスタッフの金森です。

先日、サントリー山崎蒸溜所へ行ってきました!

蒸留所を見学した後、試飲をし、すっかりウイスキーのファンになりました。

ウイスキーを飲みながらキレイになれれば…と思い、

調べてみると、意外にも様々な美容効果があることがわかりました。


◆ダイエット中も安心して飲める「低カロリー」

ウイスキーはビールや日本酒と違い、蒸留酒です。

蒸留、ろ過、熟成という長い行程を経て、糖分や脂肪が除去されるので、カロリーが低くなります。

特にハイボールがオススメで、割ることでカロリーを抑えられますし、炭酸でお腹が膨れます。

 

 

◆「ポリフェノール」がたっぷり

みなさん、ポリフェノールと聞くと赤ワインを連想しますよね。

ポリフェノールには抗酸化作用やホルモン促進作用あり、

美容に関心のある方は、お酒は赤ワインを選ぶ人が多いように思います。

このポリフェノール、実はウイスキーにも含まれています!

オーク樽の中で長い間貯蔵し熟成させることで、オークに含まれるポリフェノールが染み出すのです。

その結果、あの美しい琥珀色に・・・

また、ウィスキーに含まれるポリフェノールの一種「エラグ酸」には、

血糖値の上昇を抑え糖尿病を予防する効果もあります。

この効果はワインよりも強力と言われています。

 

◆シミの原因を抑制する「リオニレシノール」

シミ・そばかすの原因となるメラニンを生成するチロシナーゼ酵素の働きを強く抑制する

リオニレシノールという成分を豊富に含んでいるため、美白効果も期待できます。

樽での熟成期間が長いほど、その効力は大きくなります。

 

◆天然の「アロマ効果」で心もリラックス

原料である大麦麦芽の成分と、熟成に使われるオーク樽から染み出した成分から

ウイスキー独特の芳醇な香りが生まれます。

この香りには森林浴と同等の鎮静効果があり、ストレスホルモンを抑制する働きがあるのです。


飲んでキレイになれるなんて、まずますウイスキーが好きになりそうです!

しかし、ウイスキーに限らず、飲み過ぎは禁物です。

摂取量が多すぎると、皮膚がほてってニキビが出やすくなったり、ビタミン群の消費を増大させます。

また、肝機能が低下すると栄養素の代謝が滞り、肌荒れの原因になってしまいます。

適量を守って、上手にウイスキーを飲みましょう!

 

 

▼関連記事

春は宴会シーズン!頬の肌荒れに注意です

 

関連記事

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る